「あ、間違えた」
あろうことか、わたしを誘拐した男はそう言った。







わたしと魔王



第 一 幕
  .1 平和が訪れるための犠牲を犠牲と呼ぶことはない。
  .2 空が晴れていようが雨が降っていようが関係ない。
  .3 人の話など聞いているようで事実聞く必要はない。
  .4 平穏でいられない地獄に似たこの時間が懐かしい。
  .5 今や日常と呼ばれることに疑問を持つ者はいない。
  .6 実はこの頃が初期段階だと誰一人も覚えていない。

Character
【わたし】 主人公 成城 樹里(Seijyou Jyuri)=ラーラ 
【魔王様】 諸悪の根源 ラーヴィス・ヴィント 
【魔界三人衆】 暇人 デュー レイス センドール 
【侍女】 策士(?) ピア 
【犠牲】 空気 ポール 

第 二 幕
  .夏休みの1、2、3、4しゅう目
  .海と森の別荘
  .慣れきった日々に叫び声は欠かせない
  .彼女が声を大にして言いたい主張 2011.05.06
  .そんな三人衆とコント 2013.04.09
  .お嬢様で遊び隊 2013.08.01
  .どちらの存在が正しいかなんて意味もない 2013.08.13
  .それは恐怖か殺戮かと悩んでも意味がない 13.08.18   .続 13.08.26
Web 拍手!

Index